検索

過去の記憶を代用する

最終更新: 2018年12月31日

人は感性を作る時、過去の色々な感覚を代用させながら作っているそうです。例えば“心が痛む”といった感情は物理的に痛みを感じた時に感じる情報を脳では感じているそうです。“心が痛む”といったものが生まれたとき、その感覚を表現するために物理的な痛みの感覚を代用させたのです。

芸術の分野では比喩、メタファーといったものがあり、茶道では見立てといったものがあります。過去の記憶にある情報や物を別のものに代用することで違った新しいものを表現しているといえます。正に脳が行っている処理方法と同じことを芸術の世界では行われていたのです。

Fifth MK Manshon 303, 2-13-14, Tsunashimahigashi, Kohoku-Ku, Yokohama-shi, 223-0052, Japan

PHONE:    +81(0)3-6820-0926

FAX:           +81(0)3-6820-0926

E-MAIL:    info@innody-design.com

-
00:00 / 00:00